映画・テレビ

「アベンチャーズ(3D)」

以前見た「キャプテン・アメリカ」の流れで観てしまいました。
思いっ切りアメコミしています。
先週観た「トータル・リコール」の出来があまりに良かったためなんともはや。
アメコミ好きの方には良いのかも。

『ヒューゴの不思議な発明』

とても気持ちの良い作品です。お勧め!

流れのテンポがとにかく気持ち良い。

ストーリーは、温かく、ロマンティックだし夢はあるし。

疑いなくアカデミー賞作品です。

Dも良い感じだったし、音響も3Dしてました。(7.1chの臨場感)

観た後の気持ち良い余韻感がかなり長く続くので、

視聴後の時間に余裕がある時に観るのが良いと思います。

×は、タイトルが不可思議。『ヒューゴ』(原題)で良かったのでは。

「メランコリア」

いつ観に行くか迷っていたが、今日決行。
BGMもほとんど無く、カメラワークも手持ち風の演出。
デンマーク映画ということで、アメリカ映画に無い静けさ。
淡々と迎えようとする地球最後の日。
goo映画の評価では、40点とかの人もいたが、好き嫌いなのでしょうね。
薦めたい映画ではないけど好印象です。

パーフェクト・センスはイギリス映画だったけど
なにか通じるものがある。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

911関係の映画は、ノンフィクションものが多いと思っていたのですが、
この映画を観ると、911というつらい事件が時を経ることで、
こんなに素敵なヒューマンストーリーができるのですね。
(だからって、悲惨もリアルに描かれています。)

映画を制作した方たちは、表現や演出に大変な努力をされたのではないでしょうか?

観方によれば、ドラマかもしれませんが、とても良い作品です。
観た後の印象は、「痛い」でした。

気になっていた映画「TIME」

公開日にシネコンへ。
結構プロモーションをがんばっていたので、
ちょっと眉唾で行ってみました。

未来設定ですが、未来っぽいものが出てこないのですよね。
アクションも対して派手な演出もなし。
見どころは、美人ヒロインがヒールで走るシーンがいっぱい。

ちょっと反資本主義っぽい感じのする物語でした。

評価は、難しいです。